風俗の一種「風俗エステ」を解説するためのサイト

風俗エステ、について知る、調べられるサイト

法律的な定義の解説

まず、「風俗業」とはどのようなものなのかについて、基本的な部分を解説していきます。
「風俗業」は、「接待をしながら飲食や遊興をさせる」「一定基準以下の照明のもとで飲食をさせる喫茶店やバー」「区画を設けて他から見通しづらい設計の飲食店」「射幸心を増加させる内容の設備のお店」などが該当します。
これを「風俗営業」と言います。
この定義の中に当てはまるのは、キャバクラやクラブ、スナックなどで、それ以外にもゲームセンターや雀荘なども含まれます。
これらは、お店を営業する時間や場所などについて、非常に厳しい制限が課されているのが特徴です。
そして「性風俗業」というものがあり、これは風俗営業とはまた別に区別されますが、これについては後の項で詳しく解説します。

性風俗業についてフォーカス

さて、性風俗業はどのような枠組みになるのでしょうか。
それを見ていくことにしましょう。
まず、本番行為もできることが特色の「ソープランド」、本番行為はできませんが多用なプレイやシチュエーションができる「ファッションヘルス」、それ以外には、ストリップ劇場、ラブホテル、アダルトショップなどが「1号営業」や「2号営業」などに分類されています。
これらは「店舗型性風俗特殊営業」と呼ばれ、それ以外の派遣型のデリバリーヘルスやアダルトビデオの通信販売などは「無店舗型性風俗特殊営業」として分類され、それぞれ規制を受けています。
これらの業種を始める為には、地方の公安委員会に申し出を行い、許可を得なければいけません(これは風俗営業も同じことです)。